ホームページのタイプから選ぶ

個人サイト向けレンタルサーバー
ビジネスサイト向けレンタルサーバー

条件から選ぶ

安さにこだわる
大容量サーバー
初心者向け

メニュー

レンタルサーバー用語
Movable Type
共用サーバー比較
PHP・MySQLを使うなら
格安レンタルサーバー
リンク
メール

レンタルサーバーの選び方

XSERVER

最適なレンタルサーバーを選ぼう!

当サイトは初心者向けのレンタルサーバーの選び方をテーマにしたサイトです
レンタルサーバーの種類・ホームページのタイプ・求める条件別にオススメのレンタルサーバーを紹介しています
これからホームページを始める方や、レンタルサーバーの選び方が分からない方は参考にしてみてください

レンタルサーバーはホームページに求めているものを基準にして選ぶのがオススメです
ホームページに求めているものを明確にすれば、あとはその条件に合うレンタルサーバーを見つければ良いからです
ただ初心者の方は「自分が何を求めているのかも分からない」という状態かもしれません
そこでレンタルサーバー選びの基準になる要素を列挙していきます
これを参考にして、自分がホームページに何を求めているかを把握してください

■ ポイントその1:サイトの規模

まず、これから作ろうとしているサイトの規模を把握しましょう
そうする事でレンタルサーバーのタイプを絞り込めます
レンタルサーバーには主に次の3タイプがあります

例えば「自分の趣味を紹介するホームページをやりたい」という方がいるとします
この場合、そのホームページは「小規模な個人サイト」に該当します
従って共用サーバーが最も向いているでしょう
レンタルサーバー選びも共用サーバーからの選択をオススメします

専用サーバーは1台のサーバーを独占出来るタイプのレンタルサーバーです
自由度と快適性の高さを求める方に向いています
ただし専用サーバーを使いこなすにはそれなりの知識も必要です
高いパフォーマンスを求める方向けなので、利用するべきホームページも限られています

VPSは共用サーバーと専用サーバーの中間的な存在です
実質は共用サーバーなのですが、個々のユーザーに管理者権限が与えられます
そのため共用サーバーでありながら、専用サーバーのようなパフォーマンスを発揮する特長があります
例えば、管理者権限を必要とするソフトウェアのインストールが可能になるなど!
共用サーバーよりも自由度が高く、専用サーバーよりも安いのでバランスが取れています

これから作ろうとしているホームページは、どのタイプで運営するべきなのか検討してみてください
ちなみにホームページの多くは共用サーバーで運営されています
特別なものを望まないならほとんどは共用サーバーを選ぶ事になります

■ ポイントその2:求めるサービス

レンタルサーバーのタイプが決まったら、次はホームページに求めるサービスを明確にしましょう
そうする事でレンタルサーバーを絞り込めます
レンタルサーバーに求めるサービスはホームページによって様々です
一例として次の要素があります

以上、レンタルサーバーの基本的な要素を列挙しました
これらをよく理解していないと契約後に後悔する可能性があります
まずは用語の意味を理解しましょう!
用語はレンタルサーバー用語で解説しているので、不明な場合はご参照ください
基本要素の理解が出来れば、条件に合ったレンタルサーバーも自然に見えてくると思います

続いてはオススメレンタルサーバーのご紹介です
なお当サイトは「初心者向けのレンタルサーバーの選び方」がテーマなので、共用サーバーのオススメをご紹介します

オススメの共用サーバー 個人サイト編

オススメ その1 個人サイトには高コストパフォーマンスのミニバードがオススメ!

ミニバードミニバード 月額263円
ミニバード

安くてコストパフォーマンスに優れているミニバード
個人サイトには1番オススメのレンタルサーバーです
ここで言う個人サイトとは、趣味のホームページ・アフィリエイトサイトなど個人で利用するサイトを指します
顧客情報などの重要な情報を扱わず、テキスト・画像中心なら小規模なビジネスサイトにもオススメです
個人向けレンタルサーバーは他にロリポップ・ドメインキング・さくらのレンタルサーバなどがあります
その中でもオススメはミニバードです
価格・サービス内容・サーバーの安定性・管理画面の使いやすさなど、あらゆる面でバランスが取れています
欠点が少ない万能型の共用サーバーです
無料お試し期間は2週間あるのでじっくり試せます

オススメ その2 ハイスペックを求める個人サイトにはXSERVERがオススメ!

XSERVERXSERVER 月額1,050円
XSERVER

通常の個人サイトなら月額263円のミニバードで問題は無いと思います
しかしもっと高機能なサーバーを求める方もおられると思います
そのような方へのオススメは、個人サイト向け共用サーバーとしては最高品質のXSERVER
ディスク容量100GB・MySQL30個・複数バージョン対応のPHP・自動インストール多数・24時間365日サポートなど!
マルチドメイン・サブドメイン・FTPアカウント・メールアカウントに関しては無制限です
さらに1台のサーバーへの収容人数を少なくしているため、快適性もしっかりと保たれています
お試し期間は10日間あります
月額はミニバードよりも高くなりますが、ハイスペックをお求めならとてもオススメのレンタルサーバーです
テキスト・画像中心なら小規模なビジネスサイトにもオススメです

オススメの共用サーバー ビジネスサイト編

イチオシ! ビジネスサイトには最高品質の共用サーバーWADAXがオススメ!

WADAX 月額1,995円
WADAX

高い稼働率・高いセキュリティー・365日無料の電話サポートなどが特長のWADAX
ビジネスサイトにはオススメ度No.1のレンタルサーバーです
まず稼働率が99.99%という点について
これは1年を通して障害がほとんど無い事を示しています
表示が遅かったり障害が多いと、ビジネスサイトとしては利益を逃がす事になりかねません
しかしWADAXは稼働率99.99%なので安心して使えます
セキュリティーはセコム不正侵入検知防護システム(IPS)を標準装備!
顧客情報等の重要な情報を扱うビジネスサイトは、不正アクセス・情報漏洩は絶対に防がなければいけません
WADAXは24時間365日の高セキュリティーでサイトの安全を実現してくれます
サポートは電話・メールともに無料で受けられます
携帯電話・PHSからも通話料無料で、お正月やお盆にも対応しています


共用サーバーとは、レンタルサーバーの中で最も一般的なタイプのレンタルサーバーです
専用サーバーとは違い、1つのサーバーを複数の契約者で共用して使います
共用サーバーには次のような特徴があります

  1. 個人サイトから小・中規模ビジネスサイトまで様々なホームページに対応
  2. 無料サーバーよりも高機能で、専用サーバーやVPSと比較すると価格が安い
  3. 専用サーバーのような自由度・快適性は無い
  4. 他の契約者と共用なので、専用サーバーと比べるとサーバーの安定性は高くない

先述のように、一般的なホームページのほとんどが共用サーバーを選んでいます
その理由は「2」の要因が大きいと思います
無料サーバーはお金がかからない点が最大の魅力です
しかし無料なので充実したサービスは望めません
ディスク容量が少なかったり、使いたい機能が使えないなどの欠点があります

一方で専用サーバーは最高のパフォーマンスを発揮します
しかし専用サーバーは1つのサーバーを独占するため、月額がとても高いです(ほとんどが月額数万円)

共用サーバーは、無料サーバーと専用サーバーの中間的な存在です
バランスが取れているため多くホームページが共用サーバーを利用しています
当サイトは個人サイトならミニバードもしくはXSERVER、ビジネスサイトならWADAXをオススメしています

なおPHP・MySQLユーザーはPHP・MySQLレンタルサーバー比較をご覧ください
PHPとMySQLに適したレンタルサーバーを比較しています
その他にも、文字化け対策や携帯・スマートフォンの振り分け方法も解説しています

レンタルサーバーの選び方その1 安さにこだわる

イチオシ! 安さと高コストパフォーマンスを実現!

エクストリムレンタルサーバー 月額99円
エクストリムレンタルサーバー

安さをお求めの方にはエクストリムレンタルサーバーが最もオススメ!
なんと月額99円で使えます
月額99円でもディスク容量2GB、マルチドメイン30個、PHP・MySQLが使えるなど非常に充実しています
私が契約しているホームページ(テキスト中心)でも表示速度は良好です
ただ、総合的なコストパフォーマンスは上述のミニバードの方が高いと感じます
例えばいつアクセスしても表示が速い&ディスク容量はたっぷりの30GBなど!
その他にもミニバードの方が優れている点はたくさんあります
月額263円を高いと感じないならミニバードがオススメです
しかしそれを高いと感じるなら、月額99円から使えるエクストリムレンタルサーバーをオススメします
安さを条件にした場合、エクストリムレンタルサーバーに並ぶくらいのオススメは他にありません
従ってイチオシとして紹介しました

レンタルサーバーの選び方その2 大容量のレンタルサーバー

オススメ その1 大容量かつハイスペックなレンタルサーバー

XSERVER 月額1,050円
XSERVER

後述のWAPPYよりも月額が高いですが、ディスク容量は100GB!
その他の面でもWAPPYを大きく上回ります
MySQLデータベース数・マルチドメイン設定可能数・多数の自動インストール対応など!
さらに1台のサーバーへの収容人数を少なくしているため、快適性もしっかりと保たれています
大容量をお求めの方で月額1,050円でも問題が無ければ、WAPPYよりもXSERVERをオススメします

オススメ その2 月額437円で50GBの大容量&転送量無制限!

WAPPY 月額437円
WAPPY

WAPPYは月額とディスク容量のバランスが優れているレンタルサーバーです
月額437円で50GBもあります
しかも転送量無制限!
最高プランなら月額1,312円で150GB!
どのプランも、サイズが大きいファイルをたくさん扱うサイトにピッタリです
PHP・MySQL・mod_perl・mod_pythonなどその他使える機能も豊富にあります
注意点はマルチドメインです
他のレンタルサーバーと違ってマルチドメインの設定可能数は少ないです
月額437円のプランではマルチドメイン設定可能数は3個しかありません
しかも3個設定した時点で修正は利かないので、設定するドメインは慎重に選びましょう
注意するのはこの点くらいで、利用していて不満に感じる点はありません
サポート(メールのみ対応)も丁寧なので迅速な問題解決が望めます

レンタルサーバーの選び方その3 初心者向けのレンタルサーバー

オススメ その1 初心者には万能型レンタルサーバーのミニバードがオススメ

ミニバード 月額263円
ミニバード

個人サイト向けレンタルサーバーでもオススメしたミニバード
もちろん初心者にもオススメ度No.1のレンタルサーバーです
ミニバードはあらゆる点が充実しているので、個人サイトには万能型のレンタルサーバーと言えると思います
レンタルサーバー初心者はミニバードで契約をしておけば紛れは少ないと思います
残念ながら電話サポートはありませんが、分かりやすいマニュアルがあります
初心者でもこのマニュアルを見れば、設定は難しくないはずです
初めてレンタルサーバーと契約する個人サイトは、まずミニバードから検討してみてください
無料お試しもあるので、万が一お気に召さなくても安心です

オススメ その2 月額315円で電話サポートあり!

ドメインキング 月額315円 (初年度は年額100円)
ドメインキング

電話サポートを求める初心者にオススメなのがドメインキングです
ドメインキングは月額315円ながら電話サポートがあります
迅速な解決が望めるので、レンタルサーバー初心者にとっては嬉しいサービスです
サービス内容も充実していてレンタルサーバーとしても優秀!
さらに契約してから最初の1年間はたったの100円で使えます
これは破格と言えると思います
サービスの面でも価格の面でも、レンタルサーバー初心者にオススメのレンタルサーバーです

レンタルサーバー用語 (50音順)

XSERVER


Copyright© 2012-2013 レンタルサーバーの選び方講座 All Rights Reserved.
当サイトで得た情報によって生じた損害については、一切の責任を負いかねます。
最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。